池袋みつばちマーヤZ体験 女の子に「渇!」 すると女の子は硬直 おっぱいも冷え冷えに

池袋

今回はりきって池袋みつばちマーヤZにトライしました。
みつばちマーヤZは、池袋で、JK制服いちゃいちゃキャバとして超有名です。
私、生活は八戸でバリバリ頑張っていますが、出張で東京!という時には、必ず風俗に挑戦して、東京の「今」を感じとっています。

超有名なお店だから、可愛いJK制服ギャルもここを求めて来るということになるのではないでしょうか。

池袋みつばちマーヤZに訪れたいきさつ

街はそろそろクリスマスモードです。
こんな時に、池袋みつばちマーヤZなどお邪魔すれば、孤独で寂しい人……と思われてしまうかもしれませんが。

でも実際に私には、八戸に奥様いるんですよ。
まだまだ新婚のジャンルにも入ると思いますが、奥様結婚したらどんどんバケの皮が剥がれて来たみたいに、ぶくぶく太って来てしまいまして……。
妊娠ではありません。
あれっ、ひょっとしたら……とは思いましたが、確実に彼女食べてますもの。

なんだか奥様が食べている光景を見ていると全然、恋愛!という雰囲気ではなくなってしまうのですね。
私が、東京で再び風俗モードに走ってしまったということはそういうことです。
何か、スリリングなリフレッシュした体験をしたいですね。
まだまだ、私、年齢は30ちょっと過ぎたところですし。

私は本日、期待値満々で、朝から池袋みつばちマーヤZに突進して行こうと勢い!です。
しかし注意しましょう。
池袋みつばちマーヤZは、朝キャバ営業はしておりませんので。
本当にやっているつもりで行けば、暗くドアが閉ざされていたりして……このような時の恍惚感たるものや、一気に20歳年をとってしまったような感じ。

池袋のセクキャバは、最近朝キャバ営業しているところも多いけど、そうでないところもあるということです。
池袋みつばちマーヤZなんて堂々と朝キャバなんてしませんよ!なんて言ってるようです。
朝キャバクラなんて、朝ランマルに任せておけばいいのです。
ちょっと風俗の熟練に達した男性たちは、落ち着いた感じで、陽の沈みかけたところを見計らって、風俗に出向きましょう。

ひとっ風呂でも浴びて、ビールでも一杯ぐぃぃぃぃっとやって、浴衣に下駄履きで……。
あれは、上弦の月では……。
池袋みつばちマーヤZの料金は、18:00~ 5000円です。
そして、私は、ディープな池袋の地下へと潜り込んで行きました。

狭い階段を下りていき……、まさに、私にラビリンスの入り口を感じさせ、心臓はもうドキドキしています。
私、結構汗かきで、緊張するタイプです。
八戸一と言ってもいいかもしれません。
こないだ、海猫に食べているコロッケパン後ろから略奪されてしまいまして……。

本当に心臓が飛び出るほどビックリしましたよ。
いつも慣れ親しんでいる海猫がこんなことをするなんて……。
私の大事なソースが一杯入っているコロッケパンを……。
お店の中は、細長いソファーがいくつも並んでいて、既に先客の方々がいらっしゃいます。

みなさん地方労働者でいらっしゃるのでかね。
ちょっとあか抜けない感じはありますよ。
あの男性は、相当ネクラそうで、今までライブチャットでお家にコモコモしていましたが、そこにはヌクモリというものが存在しないことに気づき、とうとう池袋みつばちマーヤZに足を踏み入れましたという感じです。
おっと、汚い足で、池袋みつばちマーヤZに踏み入れないでいただきたいですね。

ちゃんと足を洗って来たまえ。
足を。

おぉぉぉ、可愛い

おぉぉぉ、この女の子可愛い……という女の子に来て欲しいものです。

セクキャバで期待しすぎというのもいいことはありませんが、やっぱり久しぶり池袋侵略となれば、期待しない方がおかしいでしょう。
心臓のドキドキ感と言い、既にこんな美しい美女が!ということを期待しちゃうのです。
そして、私の側にやって来た女の子は、おぉ……程度の可愛い女の子ですね。
女の子は、「池袋みつばちマーヤZはじめてですか?」と。
女の子は、「お客様エッチそうですから。服は脱がさないように注意してくださいね」と。
池袋みつばちマーヤZでは、服の上からタッチはしていいようですが、服を脱がしてサワサワというのは駄目のようです。

残念!
私は、可愛い女の子に、「だったら、こんなことはしていいの?」と既に、女の子の服の上からおっぱいをサワサワしました。
うんうん、池袋はディープな夜を私に提供してくれますが、女の子のおっぱいはさわやかな「浅漬け」という感じです。

女の子は、それほど感度がいいという訳もなく、感度が良くないのに対してわざと演技する様子もなく。
女の子が感じてくれないから、私は私で触っていないのかもという気持ちにもなってしまうので、もうちょっと強い感じでおっぱいをごわごわもんでやりました。
もう女の子の骨に到達し、女の子は、快感というよりは痛がっているのかもしれないですよね。

可愛いけど女の子は反応なし

どうなのでしょう。
あなたは、可愛いけど無反応の女の子と、可愛くないけど反応がいい女の子とどっちがいいと思うのでしょうか。
私はやっぱり、可愛い女の子がいいですかね。
感度が悪いのになら、私が感じさせてあげましょう……なんちゃってね。

私は、女の子が感度が良くないことをいいことに「だったらボタンを一個外しちゃおうかな」と。
本当エロオヤジですね。
女の子は、無反応……
これだったらなんとか乳首程度おがむことができるかもという期待値もどんどん膨らんで来てしまうのです。

「だったらボタンを一個外しちゃおうかな」
「……」
「君の乳首はどこにあるのかな……」
「……」

「うーん。
お口の中でもないし。
お目目の中にもないし。
手のひらは?
手のひら見せてみて。
手のひらにもないし……。
だったらこのあたりかな」
とアホなことをヌケヌケと言い、小指を女の子の胸元に引っかけて中をのぞき込もうとする私。

「乳首、みっけ!」
おいおい、笑うとか照れるとかもう少し反応してくれませんか?
こちらもリズムがつかめないんですよ。
“もちつき”にも合いの手があるでしょう。

あれでもちつきのリズムが出てくるんですよ。
可愛い女の子だけど、そういうものがない
とはいうものの、私は可愛い女の子を前にして、乳首ぐりぐりまで到達することができている訳ですから、池袋みつばちマーヤZに何を文句言いましょうか。
さっ、もう一個のおっぱいもモミモミ、ぐりぐりしましょうか……という時、かなりハードな喘ぎ声が。

もちろんそれはこの女の子から発する声ではなく、隣人たちです。
隣人たちも結構相乗的に盛り上がっているようです。
お客様はなんだか、オカマっぽく、女みたいなよがり声をあげています。
時間が来て、次の女の子にシフトしました。

そんなに可愛くないかな

次の女の子は、さっきの女の子より可愛くないかな。
いま、こういう女の子が来て、さっきの女の子が私の好みかなという気持ちにも
なってしまうのです。

さっきの女の子が既に愛しく、どっか遠くの世界へ行ってしまったような気持ちにもなっているのです。
しかし、あなたは、可愛い感度の悪い女の子と可愛くない感度のいい女の子どっちを選択しますか?
今度の女の子は、非常に感度のいい女の子でした。
その感度たるや、さっきがさっきなので、いちいちビビるほどです。

私は、やっぱり小心ものです。
海猫がコロッケパンを……。
ソースが一杯かかっておいしいコロッケパンなのに。
結構、行列の出来るお店なんですよ。

機会があれば、そっちのお店の住所と電話番号もお教えしましょう。
女の子は、「服脱がすのはNGですからね」とニコニコして私に言います。
女の子は、まるで、どんどん触っちゃってくださいと言っているようです。
ニコニコした笑顔は、普通どの女の子でも可愛いものですよね……。

ちょっと私は、風俗というものに期待しすぎという傾向もあるのでしょうか。
風俗とはこういうものです。
可愛い女の子が来れば、そうでないこともあり、100%満たされたということもなく、しかしそれでも池袋みつばちマーヤZを出た時には、総括して良かったという感想を述べることができる……、それが優良店舗ということになるのではないでしょうか。
女の子「お客様なんか怒ってます?」と。
あれ、私がいま、ココロの中で思っていたこと勘づかれてしまったのでしょうか。
女の子は再度、「服脱がすのはNGですからね」とゴールデンスマイル。
だから、脱がすのOKと言っているの?

駄目と言っているの?
どっちなんですか?
まあ、時間もどんどん過ぎて行ってしまう訳ですし、徐々に行動して事実確認をしましょう。
まず、女の子と視線をあまり合わせない感じでごあいさつ程度のディープなキスを、ぶちゅゅゅゅっと。

すると、女の子は、もう帰ってしまうの?
帰らないでおくんなさいましとばかり、キスを全然解放してくれないのです。
おいおい、それでは、私は窒息してしまうではありませんか。
私、アレルギー性鼻炎で鼻詰まりなのです。

私は、池袋みつばちマーヤZで死亡してしまって……。
翌日新聞の片隅は、ディープなキスで男性死亡。
池袋みつばちマーヤZの風俗嬢逮捕。
そして、女の子の服のボタンを一個外し……。

女の子の顔を見れば、案の定、あしたのジョー、もっとイっちゃてくださいという顔をしているのです。
では、二つ目のボタンを外してみましょう。
女の子の顔を見れば、もっともっとイっちゃてくださいという顔をしています。
でも結局怒られるのはあなたなんだから、責任取りなさいよという卑怯な顔をしていますね。

ボタン二個あたり外して、指を中に滑り込ませて行きます。
乳首ちゃん、乳首ちゃん、乳首ちゃんはどこだ。
こっちでもないし、あっちでもないし……。
馬鹿ですね。

男性というものは本当に。
しかし、こういう馬鹿やっている時が一番幸せなのです。
本当に幸せ満開。
私は、いま池袋みつばちマーヤZにいます。

雪のどかっと降り積もる八戸でもないし。
28歳だといい、40過ぎの女が登場する地方のデリヘルでもないし。
そして、調子に乗って、もう一個女の子のボタンを外し、おつぱい丸出し全開モードへと。
女の子は、「お客様だけ特別なんだからね」と。

もうちょっと可愛いのなら、もっとときめくんでしょうけどね。
言われて、手が止まり興ざめている自分は何者か。

幼なじみのめぐちゃんのような女の子

そして、次の女の子は、かつて幼なじみだっためぐちゃんのような女の子です。
つまりは、非常に、マンガオタクのような女の子です。
いつまでもアニメキャラの夢にひたり、なかなか現実に戻ってこなさそうな女の子です。
このような女の子は、時々耳元で大声を出して、「渇!」を入れた方がいいと思うのです。
幼なじみだっためぐちゃんは、いつも、私の似顔ばかり書いてましたっけ。
全然、私に似ている訳ではありませんが。

その私が、彼女の書くマンガに登場して、どんどん一人歩きしてしまうではありませんか。
3巻目では、私という主人公は、お金がないのにデリバリーヘルス利用して、最後女の子に、お金がありませんので、あなたの家でただ働きをさせてくださいと。
そして、デリヘル嬢の家へ行き、私という主人公は、「ぞうきん」と化し、つぐなう訳ですね。
それはですね。

ボロぞうきんのように働くといういい方がありますが、そのようなものの例えではなく、私が彼女のマンガでは、リアルにぞうきんになっている!ではありませんか。
それから、私は、めぐちゃんとは会わなくなりました。
めぐちゃんは、いま頃どうしているのかなと思いきや、こんな場所でお仕事していたのですね。
なんだか女の子は、マンガのキャラクターのような感じであり、マンガのキャラを性的に陵辱!するというのもなかなか興奮ものです。

めぐちゃんは、まんまるのめがねをかけていましたが、私は女の子のめがねを外して、女の子の目頭にキスをしてあげました。
非常にエロチックで、ロマンチックなキスを女の子にさしあげましょう。
女の子は、私のロマンスに酔い、アニメという非現実的世界からきっと引き戻されることでしょう。
私のキスは、白雪姫を覚まさせるほどの力を持っているんです。
なんていいながら、そろそろ、このセクキャバの総論などお話ししたいいと思いますが。
そのとき。

女の子は、「あれ、めがねはどこや、めがねはどこや」と、思い切り、横山やすしのギャグをぶちかましているではありませんか。
この女の子は、ロマンチックとは全然無縁の女の子ですね。
というよりも、ロマンチックは、アニメの世界に置き忘れているんでしょう。
女の子は、現実にはおらず、このようなセクキャバで、エロチックな体験をしてるいることもまだ気付いていないんじゃないかな……。
私は、女の子に耳元で大声で「渇!」入れました。
女の子は、すると「硬直」状態。
まるで、瞬間冷凍したマグロみたいな感じ。
私はそれから、硬直した女の子の胸元を、自由にサワサワするものの、女の子の体温もなんと下がって来ており、とても冷たいおっぱいをしていました。
こんな冷たい「アイスおっぱい」は、私の風俗至上はじめての体験でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました