池袋スマート・smartセクキャバ体験「ぷよ」「細い」「細い」

池袋

今回私は、池袋のスマート・smartにお邪魔しました。
まだまだ暑い夏です。

お互い脱水症など注意して元気よく過ごしましょう。
これからセクキャバでも行こう!というモチベーションの方々は、まさに元気印のかたまりのようなものですね。
日々に感謝・感謝。

池袋のスマート・smartにお邪魔したいきさつ

どうも最近、ちょっと年をとったのかもしれませんが、アクティブな行動に出ることができないのですよ。
昨日、カラオケつきの個室のあるちゃんこで、社員のお別れパーティーが開催されて。
それでも帰宅は12時前だというのに、もうそれで今日の予定はお家でごろごろ。
昔ならクルマがんがんに走らせて、意味なく松本まで行っちゃって、松本城見ながらお弁当食べていましたっけ。

そんな私が、こんなことではイカンと身体をムチうち、チンコをもさもさと奮い立たせて、セクキャバスマート・smartにトライです。
セクキャバスマート・smartは、ベビードールの可愛い女の子たちとの出逢いが出来る場所です。
池袋のスマート・smartは朝10時からスタートです。
若い血潮をみなぎらせて、朝っぱらからいっちょセクキャバに駆け込んで行きましょう!

池袋でスレンダー美女と出逢いたいというのなら、ここ池袋スマート・smartでしょう。
私は、ぽっちゃり、デブ専などには全く興味がないのです。
細い女の子を折れるほど抱きしめてあげたいですね。
池袋のスマート・smartの料金は、60分コース9,000円という感じです。

ぽっきりで、女の子と性的わくわく満足感を得たいという方々は、やっぱりセクキャバがいいのではないでしょうか。
店内に入り、明るいスタッフが、「いらっしゃいませ」と。
とても、いきなり気分のいいお店でしたよ。
いつか、福井で入った風俗とは全然違うという感じです。

池袋と言えば、セクキャバの激戦区なので、磨かれているという感じはひしひしとあり、不安なくソフト風俗とも向きあうことができます。
ここ、池袋スマート・smartでは、女の子にキス、ボディータッチは、どんどんイっちゃってくださいという気持ちのいい回答をいただきました。
しかし、されどここはセクキャバなのですから、興奮しまくって下半身丸出し行為をしたら、追い出します!と。
指入れもNG!と。

そんなスレンダーじゃないじゃん美女でもないし

最初に来た女の子は、ホームページでも見た顔です。
ふむふむ、そんなに顔が駄目ということではありませんが、何よりも別にスレンダーじゃないやんけ。
女の子は、「こんにちわ。スレンダーじゃくてごめんなさい」と。
彼女は、池袋スマート・smartで仕事をスタートしていた頃は、三菱鉛筆のように細い体型をしていたということです。
しかし、いつの間にかみるみるデブってしまって。
お店のスタッフが、これ以上太るとやめてもらわなければならないよと言えば、なおさら

ストレスで太ってしまったということです。
女の子は、「まあ、その点は多めに見てくださいよ。こんな私が可愛いと言ってくれるお客様もいらっしゃる訳ですし」と。

あっけらかんとして、ケラケラ笑いをしているのです。
まあ、適当にキスして、適当にモミモミして、次の女の子に期待しましょう。
何しろ私は、スレンダー美女を求めて、ここまでわざわざやって来たのですから。
まあ、実際に、スペース空間は暗くて、ぽっちゃりの女の子ダッコしているのか、スレンダー美女ダッコしているのかも、それほど……。

そんなことない!触れば、ドロドロのめり込んでいくその感触はなんだ。
女の子、ちょっとキツいんで、もう少し横にズレてもらえませんか……と。

スレンダー美女の登場待ってました!

次には、だいたい池袋スマート・smartのコンセプトでもある、スレンダー美女が登場しました。

「スレンダー美女とは君なの?」と聞けば「はい、池袋スマート・smartのスレンダー美女と言えば私のことです」と。
ノリのいい返事が返って来ました。
いっちゃって、いっちゃって、焼酎、ウイスキー、好きなものどんどん飲んじゃってくださいよ。

私は、ほろ酔い加減で、この女の子に、さんざんさっきの女の子について文句を言いました。
嫌な男ですね。
でも風俗には、こんな嫌な男がごろごろしているんですよ。
女の子も、風俗で仕事をすると決めたからには覚悟しなければならないでしょう。

変なプレイ強要されるということだけでなく、とにかく性格が汚い男性たちが多いのです。
日頃、日常生活において、形式で生きていると、こんな暗闇で、ついついホンネで生きたいモチベーションが出てしまうのです。
女の子は、それでもお店の女の子を養護してあげようという気持ちも持っているようです。
さっきの女の子も、このスマート・smartに入ったときには、本当にぺんてるのシャーペンの芯みたいに細かったのよと……。

ぺんてるのシャーペンの芯?、三菱鉛筆より細いじゃん。
「私、なんで彼女が太ってしまったのか理由知っているわよ」と。
あの女の子は、妻子持ちのスタッフと不倫関係に陥ってしまったということです。

不倫はやっぱりイカンということで、恋心を抑えるためになんでも食べるようになっちゃったのと。
「彼女、私たち見ていないとこなら、鉄だろうが、タンスだろうが、テーブルだろうが、ガリガリ食べているもの。
それだけ、彼女は、彼のことが好きだったということよ」
「それで、不倫のスタッフはまだここにいるの?」
「もういないわ。満月の夜に、彼女は、不倫の男性も食べちゃったの……」と言って、焼酎を……。
おっと、その焼酎、私のやんけ……。

「お客様も注意した方がいいですよ。あんまり彼女の悪口言っていると食べられてしまうから。もうこのお店のコンセプトに合わないから出ていってくれと言ったスタッフも三人、ガリガリ食べられてしまったもの」
今日も、そんな満月の夜だっけ……と思えば、そういえばまだまだ池袋は朝でした。

女の子は、「ガォッ」といい、私の首筋にかみつくようにキスをして来ます。
そう、さっきの女の子で無視して来た、キスも、お触りも、ここで倍増させてモトを取らないことには……。
私も女の子に真似て、「ガオッ」と言い、女の子の細く長い首にキスをしました。
キスをして、すぐに骨にあたるような感覚が非常に私好みですね。

手羽先でも食べている感じ?
骨ギリギリの肉まで、最後までしゃぶる感じ?
非常に、ヒンがなくて、人間らしくていい感じではありませんか。
そして、念願の女の子のおっぱいもサワサワしておきましょう。

おっぱいは、どこ?、細い女の子のおっぱいは、デブ専の女の子とは違い、簡単には見つけられないのです。
この女の子は、ほとんど、おっぱいなし、取り外して家をおいて来てしまったのでしょうか。
この「おっぱいゼロ現象」は怪奇であり、女の子にとってしこたまコンプレックスでしょう。

しかし、私はこんな超スレンダー美女がいいんです。
女の子に、私は、全然、おっぱい程度でコンプレックスに思う必要ないからね。
ボクみたいにこんなおっぱいが好きだという男性も少なからずいる訳だし……。
と言えば、女の子は頑張って抵抗して、「大好きなお客様には、おっぱいはもっと大きく成長するのよ」と。

ちょっとふてくされた感じで焼酎を……。
それ、私の焼酎じゃん。
そして、女の子の下半身についても一応、ご報告をしておきましょう。
女の子は、Tバックなど履いておりました。

今時の女の子は、セクシーに、Tバックなど積極的に履いているのですね。
私、彼女とおつきあいをしていてTバック好きという女の子は見たことがありませんでした。
ここあたりが、風俗で仕事をしてもいいかなという女の子の見極めポイントかも。
「性」をあっけらんかと主張出来るからTバックでもOKということでしょう。

風俗の仕事なんて出来ないというまだまだ謙虚な女性は、Tバックという発想はまだないと思うのです。
女の子は、Tバックを履いているから、お尻のあたりは、もう全開で、私が何を苦労するということでなく、すぐに両手でサワサワ・鷲づかみをすることができました。
Tバックは、男性にこんな感じで鷲づかみされるために存在しているのでしょう。
そして、Tバックの奥に、指入れをしようとしたところ、「お客様、そこまででアウトよ……」と。

そんな冷たいこと言わないでくださいよ。
おっぱいの分、ここで補わせてくださいよ……。
ということは言いませんでしたが。
ふむふむ、なかなかいい体験は出来ました。

池袋スマート・smartに来て良かったです。

次のスレンダー美女の登場

次の女の子が登場しました。
次の女の子も、スレンダー美女です。

池袋スマート・smartのコンセプトは決して嘘ということではありませんでした。
一番最初の女の子は、スピンオフという感じでしょう。
いや、私が見た、なのかもしれません。
そんな女の子は、最初から現存していなかったのかもしれない……。

次の女の子は、年齢は、30歳程度イッちゃってるんじゃないかなという感じです。
ほとんど、私とタメでしょう。
でも、全然問題ないレベルです。
そろそろ、シメに入らねばならないということで、自己紹介など省略して、さっきの女の子で満たされなかった、おっぱいをモミモミしました。

ねっ、スレンダー美女でもこの程度のおっぱいは普通あるものです。
というよりは、この女の子は、スレンダー美女なのに、非常にグラマラスな体型をしていらっしゃるではありませんか。
この女の子の肉体は、結構イケる
グラビア並みでしょう。

最初に、あんな女の子を私に押しつけたお詫びに、最後にはこんなランクの上の女の子を提供してもらうことができたということです。
もう一度、顔をまじまじと見れば、ちょっとキツネ顔の、目がつりあがったキツイ顔をしていました。
それでも美女は美女です。
今回お邪魔したのは池袋スマート・smartです。

非常にスリリング、エキサイトな体験をさせていただき、生きるエネルギーをいただくことができました。
池袋スマート・smartを出、振り返れば、すべて荒地に……。
すべてマボロシ
ソフト風俗とは、そんなおちゃらけ芝居なのかも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました