池袋セクキャバ訪問記。今回池袋の丸の内(マルノウチ)で出会った二人の女たち

池袋

今回私が訪れたのは、池袋の丸の内(マルノウチ)です。
池袋なのに丸の内(マルノウチ)……。

非常にわかりづらいですね。
ここしばらく私は、池袋あたりのセクキャバを攻め込んでいます。
いま、ライト感覚の風俗、セクキャバ(おっパプ)が結構熱いようですよ。
セクキャバの基本ルールは、「抜き」がなしです。

ライト感覚の風俗だから、ちょっとお小遣いが欲しいという女の子が、気軽なモチベーションでここでアルバイトをはじめやすい傾向があります。
多くの方々が、経験をお持ちでしょうけど、デリバリーヘルス、ソープランドでは、結構ハードルが高いから、そんな簡単に普通の女の子がお仕事は出来ないです。
ですから、そのような場所へ行けば、熟練した風俗嬢の女の子たちがいて、つまりそのような女の子たちは、いかにも風俗嬢っぽい、ケバケバの女の子です。
抜きはなしでもいいというのなら、セクキャバはかなりおすすめです。

疲れたサラリーマンたちは、イヤされるために、キャバクラへも行かれるでしょうけど、もちろんそのような場所を否定するつもりはありませんが、そこはお触りNGです!
セクキャバ体験を続けている私にとって、 もうキャバクラには戻ることができないかなという感じですね。
疲れたサラリーマンは、理性からいち早く逸脱したいと思い、エロが思い切り脳裏を支配するのでは。

私が思う最近の東京セクキャバ事情

東京でセクキャバ体験をしたいという人たちは、 おおかた「池袋」
「新宿」
「上野」
「錦糸町」でしょう。

「新宿」
「上野」は、もう既に攻め込んで来たので、今回は池袋、次は、錦糸町です。
新宿は、歌舞伎町の中にほとんどセクキャバがあります。
新宿もなかなか良かったですね。

歌舞伎町も、今変わろうと頑張っているところかもしれません。
実際に変わることができたのか、セクキャバの女の子の質など見ているとわかる感じがしますね。
実際には、多くの女の子が、上野はダサくて、池袋の方が全然歌舞伎町よりハードルが低いと思っているのでは。
なんせ、池袋は、住みやすい街No.1なのですから。

気軽に女の子たちが、ブランドのバックが欲しいから、海外旅行へ行きたいからという理由で、短期でライト感覚の風俗でアルバイトをはじめ、またすぐに辞めて行ってしまうのです。
渋谷というのも女の子たちが求めている街ですが、セクキャバに関しては少なめです。

池袋の丸の内(マルノウチ)の料金や店内の雰囲気

今回、私が訪れるのは、池袋の丸の内(マルノウチ)。

丸の内(マルノウチ)も、昼キャバ営業をしてくれているようです。
朝キャバ、昼キャバというのも最近多い傾向がありますよね。
最初、朝や昼間に風俗なんて……という思いは誰にもあると思いますね。
しかし、一度そのような体験をしてみればわかるのですが、なかなかいいもので、朝風呂を浴びたような爽快感があってまた来ていいかなという思いがあります。

何しろ、料金は、こっちの方が安いですからね。
実際に、女の子の質が、朝、昼、夜どこに偏りがあるかわからないですが、昼の方が安心して仕事が出来るという女の子もいるようです。
あと、専業主婦たちが、昼間の時間、ちょっと仕事をしたいという傾向もあるようです。
女の子曰く、昼キャバの方が、のびのびしてて、ノルマなども少ない傾向があるということです。

夜キャバで仕事をしている人たちは、周囲の目が気になると言いますが、昼キャバなら、周囲の人たちも昼間からに風俗にバイトしに行くとは思わなでしょう。
それで、丸の内(マルノウチ)には、2時頃お邪魔しました。
13時~15時:45分 7000円という料金です。
(15時~18時:45分 8000円18時~21時:45分 9000円21時~Last:45分 10000円)本指名を入れた場合は3000円、場内指名の場合は2000円です。

税サ込みで、ノーチップ制、更に全部前金で完了なので、あとは時間まで安心して遊ぶことができます。
そして、飲み放題!ですから、がんがんビールなどいっちゃって
ください。
丸の内(マルノウチ)の場所は、(東京都豊島区池袋2-10-1 大晃第3ビル3F)東武の方を出ていただき、マルイを越えたら右へしばらく歩いて行きます。

丸の内(マルノウチ)へ行くまでに、昼間からやっている居酒屋で、ちょっとお腹を満たし、もつ煮込みとコンビーフキャベツいためをいただきました。

丸の内(マルノウチ)の女の子はどんな感じだったのか

お店に入れば、左の前から2番目の席を案内されました。
もっと広い席があるのですけど、そっちには通してもらうことができなかったですね。

はじめてのお客様だからでしょう。
飲み物はビールを注文しました。
既にほろ酔い気分ですが、べろべろになっても追い出されることはないでしょう。
ハァーと息をやり、口臭など一応は気にしているのですが。

かすかに、先ほどのもつ煮込みのニオイが……。
サッポロビールを一口、二口。
すると一人目の女の子が登場しました。
セクキャバは、普通の女の子が多い、昼キャバはもっとハードルが低いからごくごくノーマルな女の子が多くアルバイトをしている……。

そんなお話しをしたところですが、思いっきり風俗嬢・風俗嬢しててちょっと年齢も高めの女性でしたね……。
いささかがっかり感はあります。
丸の内(マルノウチ)って、チラっと噂を聞いたことがありますが、年齢はちょっと高め感があるようですしかし、それだけサービスは濃厚だということを期待したいです。
はっきりと言えば、昼キャバが似合わない、もっともっと原色の夜の池袋が似合う女性です。

タバコなど側で座れて、ふっと息をふきかけられて、クラっと誘い込まれてしまいそうな女性です。
「はじめてのお客様?」と言うと女性は、そのまま、膝と膝を超接近させて、私の手は既に握られています。
「そのまま私の○○○を握って」という妄想が頭をよぎる瞬間、ベテランの女性は、私の手と一緒に彼女の手を、私の○○○に押しつけて来ました。

こういうのはやっぱり、はじめての初々しい女の子に出来ないでしょう。
だから、風俗嬢・風俗嬢した女性も良かれ悪しかれなのです。
主張をすれば、裏切られることもあるけど、そのままお店のしきたり、ルール、流れに従っていけば、きっといいこともあるでしょう……という感じです。
女性の手は、私の○○○の上にあるというのに、そんなこと関係なく、「私、ジャイアンツの原さんのファンなの」と。

そして、「ダサい?」と言って、ビールを一口、二口。
口紅が、グラスにつき、それをすぐにふき取る感じは高いバーにでも来ている感じですね。
しかし、バーより全然

こっちの方がお得です。
二人目の女の子は、さっきの女の子よりも年齢は下ですが、いささか妖艶な雰囲気を非常に醸しだし、この女の子も、比較して昼ではなく夜向きでは……?
と思わせます。
身体は、ちょっと栄養不足の痩せた感じです。

さっきの女性は、お客様商売のテクニックをしっかりマスターして、よくしゃべり、よく笑ってもくれたのですが、今回の女の子はあまりセクキャバにも慣れていないのかもしれませんが、非常に無口です。
キャバクラでは、そんな女の子はNGなのかもしれませんが、セクキャバなら、言葉など存在しないでも、身体と身体で向き合えばいいじゃありませんか。
私は、そんな無口な妖艶な女の子に、口元で「キスするよ」とささやきました。
女の子は、「あっ……、はい、いいですよ」と、ちょっと緊張しているような、しどろもどろな感じです。

真っ昼間の池袋の路上では、顔が青くて、ヒョロヒョロしていてこの女の子大丈夫?
と思ってしまうのかもしれませんが、セクキャバの店内で、私は彼女の世界に引き込まれるみたいで、こんな妖艶ワールドも最後までのぞき込んでやりたい気持ちになります。
いわばメンヘラ女が一生懸命日陰で頑張っている感じでそれなり悪いものではありません。
私がキスを仕掛ければ、女の子は、同時に、足と手を絡めて来ました。

口は、最初から開けたままなので、はじめからディープキスです。
そして女の子は当たり前のように舌をからめ、キスというものはそういうものという最初から先入観を持っているのかもしれません。
キスには、最初はもうちょっとライト感覚のものがあると思いますが。
心理的に言えばこの女の子は、結構欲求不満で、求めているのでしょう。

誰かこんな女の子を救ってあげましょう。
私がキスで思い切り興奮したということではありませんが、女の子は、キス一つで、ズブ濡れのマックスに達しているかのようです。
私は、やがて、絡めた彼女の手を私の股間へ。
超ビンビンではありませんが、そこそこ勃起しているアレに彼女の手を押しつけました。

そこで、彼女のマックスタイムは終了、一度お仕事を戻っていただき、冷静になって、スボンの上からシコシコしてくれました。
私は、キスも続けて、更に、彼女のスレンダーボディーのオッパイをもみもみしました。
彼女の手は、自ら招き、今度は反対のオッパイへと移動させようとします。
こういうのって、非常に興奮するんですよね。

彼女が、テクニックで意図的にしているか、彼女の性的本能が求めているかわからないですが。
結局はなんだかんだ言うものの、相当彼女にはまり、彼女のことがお気に入りになっていた自分がいます。
また、彼女に会ってもいいかなという気持ちでいましたよ。
本当に。

小さいオッパイの女の子には久しぶり会った感じがします。
小さいオッパイの女の子は、理性的な女の子が多く、感性ではなかなか動かず、いろいろ内面で考えて行動しているのかもしれないですよね。
小さいオッパイをもみもみしていていろいろ考える私です。
大方、大きななオッパイの女の子たちは感性重視の女の子が多いと思いますよ。

また交代の時間が来ました。
しかし、そのとき、私の心は彼女のことを「場内指名」しようという気持ちです。
実際に、いろいろな女の子とすることができるからいいかもしれませんが、プレイが交代で尻切れトンボになってしまうことは多々あります。

ついつい場内指名というワードを使用してしまうことがありますね。
女の子が、自分の招きで右のオッパイまで導してくれて、場内指名で、次に何が待っているのかも非常に興味津々です。
セクキャバって、行き着くところには限界が存在していることは知っていますが、どこまで許してもらうことができるのか、非常に不透明部分があります。
女の子がついつい調子に乗ってイッてしまうこともあるでしょう。

この女の子を場内指名して、しかし、やっぱり言葉というコミュニケーションは、ほとんどないですね。
ここでは彼女を場内指名したものの、日常生活でこんな女の子を彼女にはしたくありませんし。
本当に、私の中の不条理が、彼女がしゃべらない分だけグダグダいいはじめているのです。
サイレントプレイ。

そんなものに徹しても問題はない……
なんて、私が思えば、彼女は耳元で「私のアソコに触ってもいいですよ」と。
彼女から聞いた久しぶりの言葉に、性的にもマックスです。
果たして彼女は、プロフェッショナルなのでしょうか。

素人なのでしょうか。
私は、彼女にそれを聞こうと思ったのです。
是非聞きたいと思いましたね。
しかし、そんなことはプレイに全然関係ないことじゃありませんか……。

そんなつまらないことを私が言うことで、随分、私と彼女の性的コミュニケーションはシラけてしまうのでしょうね。
私にそのように感じさせ、聞くことを中断させたところを見れば、間違いなく私達は、セックス以上の性的コミュニケーションでつながっているということなのです。
私は、性的コミュニケーションのつながりを大事に、彼女の服の上から優しく、彼女の○○○を触ってあげようとしました。
そのとき、彼女の手は、私の手を覆い、服の中へと導いて行くのです。

彼女は、やっぱり素人ではない……?
そのとき、彼女は周囲の目を気にするふりをし、あなたのことが気に入ったからあなただけ特別と言っている感じなのです。
そんな言葉を彼女が発した訳ではありませんが、間違いなくそうなのでしょう。
彼女の○○○はパンティーもグジュグジュにしていました。

彼女からパンティーの下への指示があると思ったのですがそれはありませんでした……。
今回訪問したのは、池袋の丸の内(マルノウチ)です。
セクキャバって、限界は間違いなく存在しているけど、非常に奥深さを感じ、それにとまどい興奮をマックスに高めている自分があります。
今回、女の子に対してもそうですが、よりセクキャバの魅力を感じとった私です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました